編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事まとめ:DX推進、IT人材や内製化動向

ホワイトペーパー

一つのクラウド依存は障害発生時に対応が困難!回避の鍵はマルチクラウド化とコンテナ型仮想化の採用

株式会社日立製作所/レッドハット株式会社 2020-09-15

一つのクラウドサービスだけに依存していると、大規模な障害が起こった時に対応できない。それを避けるために、複数のパブリッククラウドを併用するマルチクラウドや、パブリッククラウドとオンプレミスのハイブリッド環境を構築する動きが拡大している。そこで大きな力を発揮するのがアプリケーションの可搬性を担保するコンテナ型仮想化だ。
コンテナ型仮想化はアプリケーションとミドルウェアをひとつのカタマリにしているため、システム環境への依存度が低く、異なるクラウドでサービスを立ち上げることが容易だ。ただコンテナ型仮想化はオープンソースで、誕生して間もない技術であり、IT部門が直ちに活用するのは難しい。それを解決するのが日立製作所の「Red Hat OpenShift Container Platform(以下、OpenShift)」である。日立はRedHat社のコンテナ基盤製品であるOpenShiftをサポートするサービスを「日立サポート360」にて提供し、IT部門のLinuxコンテナ活用を支援する。

この資料では、企業システムでコンテナ型仮想化を導入するためのOpenShiftの概要と、日立のサポートサービスの特徴を詳しく解説している。ぜひ参考にしていただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]