編集部からのお知らせ
ダウンロード公開中「ITが取り組むべきプライバシー」
最新記事まとめ「医療IT」

ホワイトペーパー

すべてのプロセスを効率化し、ビジネス成長への即応とインフラ運用からの解放をめざす

株式会社日立製作所 2020-11-04

多くの企業が仮想化技術を用いてサーバを集約している。しかし、ビジネス環境の変化によるリソース不足の懸念、システム環境の複雑化、更改や移行などIT部門は新たな課題に直面している。解決策として期待されているのがHCI(ハイパーコンバージドインフラ)である。HCIは導入が容易であり、ビジネスの成長に合わせて柔軟にリソースを拡張できるところが利点だ。

日立製作所は、HCI市場で高いシェアを誇る仮想化ソフトウェア、VMware vSphereに最適化したHCI環境を提供。さらに統合システム運用管理「JP1」をバンドルすることで、HCIから業務システムまでシステム全体の運用管理を効率化し、IT部門が本来の業務に集中できるようにする。

この資料では、系切り替え処理の自動化など、日立が提供するVMware向けHCIの運用管理ソリューションを紹介している。ぜひ一読してもらいたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]