編集部からのお知らせ
動画セミナー「Security Trend Winter」公開中!
最新記事まとめ「ローカル5G」

ホワイトペーパー

【事例】共通クラウド基盤でインフラ運用負荷とハードウェアコストの大幅削減を目指すAGC

株式会社BeeX 2020-11-04

クラウドファーストが叫ばれながらも、今もなお多くの企業では基幹システム等をオンプレミス環境で運用しているのが現実だ。しかしオンプレミスの場合、定期的にハードウェアの更新があるため、その対応には膨大なコストと時間が必要となる。さらにオンプレミスではコスト的に十分なBCP対策を講じることができないという問題も生じてくる。世界屈指のガラスメーカーであるAGCも、同様の課題に直面していた。

そこで同社では、基幹システムのインフラ基盤としてアマゾン ウェブ サービス(AWS)を全面的に採用することを決定し、共通クラウドインフラ基盤を構築するとともに、各種システムのAWS化が現在進行形で進めているところだ。

本資料では、2020年までに基幹システムのクラウド化を完了させる予定の同社におけるクラウドプロジェクトの経緯について、担当者たちの生の声を交えて解説している。“ハードウェアコストの大幅削減”と“インフラの運用効率を劇的に高めること”を実現するためのヒントが得られることだろう。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]