編集部からのお知らせ
動画セミナー「Security Trend Winter」公開中!
最新記事まとめ「ローカル5G」

ホワイトペーパー

【事例】コンテナ環境のセキュリティ問題、Chatworkはいかにして解決したのか

マクニカネットワークス株式会社/パロアルトネットワークス株式会社 2020-11-30

市場競争にさらなるスピードが求められるようになった今、ビジネスに必要なソフトウェアをより迅速かつ柔軟に開発・提供する手法としてDevOpsが急速に広まりつつある。そしてDevOpsを実践するために主流となりつつあるのが「コンテナ技術」だ。コンテナを活用すれば、アジャイルにアプリケーションを開発し、生産性、可搬性、再利用性を高めることが可能となるのである。

しかしここで問題となるのが、コンテナ環境におけるセキュリティをいかに確保するかだ。官・民を含め、数十万を超える多くの企業で導入されているビジネスチャットを提供するChatworkも、かつてこの問題に悩んでいた。しかし同社では、マクニカソリューションズが提供するコンテナセキュリティソリューション「Prisma Cloud」を導入することで、コンテナライフサイクル全般をセキュアに運用することに成功したのだ。

本資料では、同社がコンテナセキュリティをいかに効果的に実現できたのかについて、過去からの取り組みと将来の展望までを担当者の声とともに解説している。最新のベストプラクティスに沿ったコンテナ環境向けセキュリティのかたちが見えてくることだろう。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]