ホワイトペーパー

改正個人情報保護法下のセキュリティ対策について経営者600人に聞く、注目が集まるクラウド型WAFとは

株式会社サイバーセキュリティクラウド 2021-07-16

サイバー攻撃による情報漏えいが社会問題化する中、コロナ禍によるテレワーク導⼊が進んだこともあり、インターネットの利⽤機会が近年さらに増加している。2020年6⽉には改正個⼈情報保護法が成⽴、個⼈情報漏えい被害にあった際の報告義務の変更や罰則強化など企業の責任がさらに重くなっている。サイバーセキュリティクラウドは600人の経営層に「改正個⼈情報保護法成⽴後のサイバーセキュリティ対策に関する意識調査」を実施したところ、法改定を適切に認識している層とそうでない層に分かれる結果となった。サイバーセキュリティ対策の必要性については、91%が必要であると回答する一方で、実際に着手もしくは予定がある企業は伸び悩んだ。この資料では調査結果について技術面に踏み込んで解説し、特に同社がクラウド型サービス「攻撃遮断くん」として提供するWAF(Web Application Firewall)に焦点を当てて解説している。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNET Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]