編集部からのお知らせ
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」
新着記事まとめ:経産省のDX本気度とは?

ホワイトペーパー

オフィス業務のDX推進の要、「Microsoft Teams」の実力をより簡単に引き出せる秘策

SBテクノロジー株式会社(clouXion/teams) 2021-03-22

コロナ禍を契機に本格的なニューノーマル時代が始まった今、オフィス勤務と在宅テレワークのハイブリッドな働き方を前提とする「デジタルトランスフォーメーション(DX)」を推進する企業が増えている。中でも、オフィス業務のDX推進ツールとして、マイクロソフトのクラウドサービス「Microsoft 365」導入の動きが活発だ。

さまざまな機能を提供するMicrosoft 365の主要ツールの1つが「Microsoft Teams」だ。オンライン会議やインスタントメッセージング、グループチャットなどのコミュニケーション機能が広く知られているが、Microsoft 365の各種機能と連携して業務を円滑に進める「ワークスペース」の中核を担う存在でもある。

Teamsが持つメリットを効果的に利用するには、運用や初期設定の方法にコツがいる。また、より高度に利用したい場合は、Teamsの運用管理にかかる業務負荷が増えてしまう。そうした負荷を抑えつつ、Teamsそのものを「業務改革プラットフォーム」へと進化させる、とっておきの方法を紹介しよう。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]