編集部からのお知らせ
新着・電子インボイスの記事まとめ
記事まとめDL:オンライン確認「eKYC」

ホワイトペーパー

PHSサービス停止に伴うiPhoneへの移行で抑えるべき10のポイント

Jamf Japan株式会社 2021-07-30

病院や介護施設などの医療機関におけるコミュニケーション手段として長らく利用されてきたPHS(Personal Handy-phone System)だが、2021年1月をもって屋外での外線電話番号を利用した通話サービスが終了した。自前の既存設備を利用した院内通話などは今後も利用可能とされているものの、PHS端末の開発は減少することが考えられ、並行して故障・修理対応など運用コストは増大していくことが予想される。こうなると長期的な視点で考えたとき、通話機能を備えるiPhoneやiPadのようなモバイルデバイスへの置き換えを検討するのが得策だと言えよう。
そこで本資料では、デバイスの管理はしっかりと行えるのか?セキュリティは安全に担保できるのか?など、PHSからiPhoneやiPadへの置き換えに際して生じるさまざまな疑問について、Appleデバイスの管理、保護ソリューションを提供するJamfが回答している。病院でのiOSデバイス管理のポイントが網羅されているので、ぜひご一読いただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]