編集部からのお知らせ
新着の記事まとめPDF「NTT」
おすすめ記事まとめ「MLOps」

ホワイトペーパー

今の時代に最適な技術伝承の方法とは。マニュアル活用で「OJT」が効率化?

株式会社スタディスト 2022-04-01

一昔前の製造業を振り返れば、職人の感覚・経験に基づいた技術が不可欠であり、それに基づく業務が大半を占めていた。そうした感覚や経験が必要な業務というのは言語化が難しいことから、人から人へと直接受け継ぐことが欠かせず、現場での直接指導すなわちOJTと、先輩の仕事ぶりを“見て学ぶ”方法で技術は受けつがれていた。しかし機械の発達に伴い近年は業務が単純化したことから、感覚や経験が必要な業務は大きく減少した。このため、新人には、かつてのように感覚や経験に基づいた技術をベテランからいかに早く習得するかよりも、まずは定型的な業務を早く正確に吸収し、即戦力となることが求められている。定型的な業務には、「人によって質が違う」を無くし「誰がやっても同じ」になる再現性の高い仕組みづくりが不可欠だ。その方法の一つとしてマニュアルが挙げられるが、マニュアルは「文字だらけで分かりづらい」「欲しい時に見つからない」「情報が古いままで参考にならない」といった理由で活用されていないのが現実だ。そこで本資料では、これらの課題を解決し、製造現場においてマニュアルが活用されるためにはどのようにすればよいか、実際の事例を踏まえ解説している。ぜひご一読いただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    アンチウイルス ソフトウェア10製品の性能を徹底比較!独立機関による詳細なテスト結果が明らかに

  2. 経営

    10年先を見据えた働き方--Microsoft Teamsを軸に社員の働きやすさと経営メリットを両立

  3. セキュリティ

    6000台強のエンドポイントを保護するために、サッポログループが選定した次世代アンチウイルス

  4. セキュリティ

    ローカルブレイクアウトとセキュリティ-SaaS、Web会議があたりまえになる時代の企業インフラ構築

  5. 運用管理

    マンガでわかるスーパーマーケット改革、店長とIT部門が「AIとDXで トゥギャザー」するための秘策

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]