編集部からのお知らせ
記事まとめ「サードパーティークッキー問題」公開
記事まとめ読み:GIGAスクール

ホワイトペーパー

リーンXPの知見と手法を習得、MaaSの実現を見据え新アプリを開発したJR東日本

ヴイエムウェア株式会社(ハイブリッドクラウド) 2021-06-17

東日本旅客鉄道(JR東日本)は、既存の鉄道や駅にとらわれない幅広いサービス「Mobility as a Service(MaaS)」への取り組みに注力している。その入り口となる新しい情報サービスの開発に向けて、リーンXPの手法と文化を学ぶべく、VMware Pivotal Labs(現 VMware Tanzu Labs)を活用。2回にわたってエンゲージメントに参加し、プロダクトマネージャー、プロダクトデザイナー、エンジニアの各々の立場で、技術から考え方まで幅広く修得。2019年4月に新生『JR東日本アプリ』をリリースし、スピーディーかつ継続的に改善していく体制を構築している。本資料では、JR東日本がどのようにリーンXPの知見と手法し、MaaSの実現を目指しているのかを詳しく解説する。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 経営

    Microsoft 365の「データ」は本当に安全?SaaSユーザーのためのデータ保護アプローチ

  2. セキュリティ

    マルチクラウドの本格活用から量子コンピューティングへ、その時鍵を握るデータ保護の仕組みとは?

  3. 運用管理

    最先端のデータサイエンティストでいるための5つのヒント—AIによる高度化でデータの達人であり続ける

  4. ビジネスアプリケーション

    中小企業のためのAI活用--予算も人材も不足していた4社の脱Excelそして入AI実現例

  5. 運用管理

    業務改革の推進者が最初につまずく「現場業務ヒアリング」、通信・製造業、自治体の事例に見る回避策

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]