編集部からのお知らせ
量子コンピューティングへの注目
特集まとめ:高まるCISOの重要性

ホワイトペーパー

リモートワークでも働きやすいネットワークインフラを構築するには?

ヴイエムウェア株式会社(SASE) 2021-06-04

国内拠点を社内ネットワークで閉域接続し、多数の社員がそのネットワークを利用してリモートワークを行うようにするWANは、現在多くの企業で利用されている。WANは、構築する段階からセキュリティがある程度担保できているので、リモートワークでの活用においても、セキュリティ対策を検討する必要がないので導入もしやすい。

 しかし、閉域網によるネットワーク利用を行っている企業の多くが、通信帯域におけるさまざまな壁に突き当たることだろう。例えば、クラウドサービスの利用やソフトウェアのアップデート通信が劇的に増えていき、さらにテレワーク利用者が外出先からVPNでアクセスする際にも、一度社内のデータセンターに入らなければならないため、通信が集中し、インターネット回線をいくら増強しても逼迫してしまうという問題がでてくるのである。

 本資料は、リモートワークの普及で顕在化したネットワークの新たな課題に対応するため、「VMware SD-WAN」とインターネットゲートウェイの組み合わせによるソリューションを導入した旭化成の事例を紹介したものだ。インターネット通信のローカルブレイクアウトによるSaaSの自由な利用、通信の可視化によるリアルタイムでの原因究明、WANの柔軟な運用をどのように実現したのかを解説している。また、同社がVMware SD-WANを評価する段階から、導入の実際、ネットワーク構成の詳細までもわかりやすく解説されているため、リモートワークによる通信帯域の逼迫にお悩みの企業は、ぜひ一度ご確認いただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]