編集部からのお知らせ
特集PDF1「導入期に入るマイクロサービス」
特集PDF2「DXレポート」

ホワイトペーパー

従来のクラウドが抱える課題を解決する「エッジコンピューティング」、導入メリットとユースケースを解説

ファストリー株式会社 2022-06-20

企業のITシステムの新たな形態として注目されている「エッジコンピューティング」。多くの報道では、自動運転車やスマートシティ、モノのインターネットなど、進化する未来的なテクノロジーの一部として扱われがちだ。しかし、実際には、すでに多くの企業がエッジコンピューティングを使用して、ワークフローの合理化やコスト削減、よりレジリエントで安全な顧客体験を実現して、市場における自社の競争力を高めている。
エッジコンピューティングとは、端的に言うとクラウドコンピューティングが進化したものであり、データの急激な増大とテクノロジーに対して高まる顧客の要求によって急速に成長している。
以下の資料では、エッジコンピューティングを活用するメリットを解説。従来のクラウドが抱える課題をどう克服できるのかについて、ユースケースを踏まえながら説明している。エッジコンピューティングへの取り組みを本格化させたい企業の担当者は、ぜひ一読してほしい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]