編集部からのお知らせ
量子コンピューティングへの注目
特集まとめ:高まるCISOの重要性

ホワイトペーパー

リモートワークから脱却、分散型ワークへ移行すべき理由、シナモン平野CEOが語るこれからの日本の働き方

Slack Japan株式会社 2021-06-21

リモートワークを働き方の標準として採用する企業が増え、社員全員がリモートで働くことを前提に、コミュニケーションと業務の在り方の最適化が大きなテーマになっている。だが、シナモンの代表取締役社長CEOの平野未来氏は、出社しない働き方には「リモートワーク」と「分散型ワーク」の2 種類の考え方があるとする一方、両社は似て非なるものだと話す。多くの企業がリモートワークに取り組んでいるが、2つの大きな課題があるという。平野氏は、分散型ワークへと移行させるべきだと指摘する。この資料では、アナログな働き方からの解放という大きなテーマを掲げ、その実現方法としてSlackやZoomを活用する分散型ワークに注目する。分散型ワークによって世界の才能を差異化の源泉にできることを、シナモンによる実例を交えて解説。労働人口の減少など日本企業が直面する今後の働き方への対応方法を提示する内容だ。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]