編集部からのお知らせ
量子コンピューティングへの注目
特集まとめ:高まるCISOの重要性

ホワイトペーパー

IT部門やソフトウェア開発者に聞く「企業におけるKubernetes利用の現状と課題」

ヴイエムウェア株式会社(Tanzu) 2021-09-17

世界中の企業がデジタル・トランスフォーメーションを加速させるなか、コンテナオーケストレーションプラットフォームであるKubernetesとクラウドネイティブ技術もまた勢いを増し続けている。既に一部のソフトウェア企業はこの技術をメインに位置づけており、Kubernetesのエコシステムが成熟するにつれ、誰もが明確なメリットを実感していると言える。実際、VMwareが今年実施した調査によると、調査対象者のほぼ全員となる98%が、Kubernetes利用により大きなメリットが得られたと考えているのである。しかしそうした一方で、組織内でKubernetesの利用範囲が広がるにつれ、新たな課題がいくつか浮上してきているのも明らかとなった。そこで本資料では、今回の調査結果を紐解きつつ、企業がKubernetesを利用することで得られるメリットや、導入企業の意思決定と運用の現状、そして現存する課題などについて解説している。これを機に、貴社の新たなKubernetes戦略を描いてみてはいかがだろうか。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]