ホワイトペーパー

ガートナー提唱、サイバーセキュリティインシデントへの対応に不可欠な3つの事項

ガートナージャパン株式会社 2022-05-11

ガートナーの調査によると、2021年は過去17年間で、データ侵害の平均コストが最も高かった。データ侵害の10%がランサムウェアに関係しており、発生頻度は2020年の2 倍に増えた。サイバーセキュリティ上の脅威となる事象は「発生するかどうか」ではなく、「いつ発生するか」が問題という。報道はネガティブになり、従業員、顧客、株主などのステークホルダーからはブランドへの影響を最小化するため、組織に明確なインシデント対応プランがあることを実証するよう求められている。
この資料では、ガートナーのツールを利用しながら、セキュリティとリスクマネジメントのリーダーにとって不可欠である「準備」を進められるようにする。インシデント対応に不可欠な3つの事項や対応プロセスをマップにして作成する方法など具体的な手法を披露しており、セキュリティインシデントへの対応を迫られる担当者にとって役立つ情報となっている。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNET Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]