編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「データサイエンティスト」
ZDNet Summit 2021開催のご案内

ホワイトペーパー

SUSE、SAP、IBMの連携で高機能プラットフォーム、ホンダがパキスタンで実現した顧客体験

SUSEソフトウエアソリューションズジャパン株式会社 2021-10-29

自動車の販売台数が今後数年間で5 倍に増加すると見込まれているパキスタンで、Honda Pakistanは顧客サービスを最適化する必要があった。そこでIBM Power Systems上のSUSE Linux Enterpriseで稼働するSAP S/4HANAソフトウェアに、既存のSAP ERPを移行した。SUSE、IBM、SAP のテクノロジーを組み合わせることで、重要なビジネスプロセスを24時間体制でサポートし、信頼性と性能の高いプラットフォームを獲得できることが見えた。

顧客サービスでは、特にアフターサービスの品質と対応の早さが鍵になるが、かつてはスペアパーツの注文など重要なプロセスの管理を手作業に依存していた。これでは在庫数と注文のタイムリーな把握が難しく、拠点で在庫が切れるリスクが生じ、顧客への納入が遅れてしまう。この資料では、こうした課題を解決するため、Honda PakistanがIT変革によって実現した多数の導入効果を、詳しく解説している。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]