編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「ランサムウェア」
注目の記事まとめPDF「Chrome OS」

ホワイトペーパー

今、求められるエンジニア像!Google提唱の「SRE」実践の第一歩を踏み出す方法

株式会社スリーシェイク 2021-12-01

近年、システム開発・運用の現場でよく聞く言葉の1つである「DevOps」。開発担当と運用担当が連携・協力することで、開発を迅速化し、運用効率を高める開発手法としてビジネススピードが求められる中、注目されている。
システム運用の現場では、リリーススピードが求められ、煩雑で繰り返されることが多い作業の増加、日々の障害対応によるメンバーへの過負荷などが問題となっている。
そうした中、エンジニアの役割としてGoogleが提唱した「SRE(Site Reliability Engineering)」に対する関心が高まっている。
以下の資料では、SREによってシステム運用の課題はどう解決されるのか、また、多数の企業のSRE総合支援を実施してきた中で見えてきた具体的なSREの実践方法を解説する。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]