編集部からのお知らせ
新着の記事まとめ「通信障害と社会リスク」
注目の記事まとめ「機械学習の現在」

ホワイトペーパー

アクセス権管理やセキュリティ管理の負担を解消、ADとSaaSアプリケーションを統合する3つの方法

株式会社マクニカ ネットワークス カンパニー/Okta Japan株式会社 2021-12-06

SaaSアプリケーションの利用が拡大するなか、SaaSの管理負荷が高まってきた。アプリケーションはサイロ化し、ユーザーのID&アクセス権管理(IAM)業務も大きな負担になっている。その結果、ビジネスリスクやセキュリティリスクが生まれるケースも増えている。例えば、社員が退職時にアクセス権をすぐに無効にできないことで、不正なアクセスを招いてしまうなどだ。解決の近道は、社内で利用しているActive Directory(AD)とSaaSアプリケーションを統合することだ。ADとSaaSを統合することで「双方向のユーザーおよびグループの同期」「アクセス権のプロビジョニングおよびプロビジョニング解除」「シングルサインオン(SSO)」などが実現できる。本資料では、ADとSaaSを統合するための3つの方法として「ADとの個別の統合」「Microsoft AD FSの利用」「サードパーティベンダーのソリューションの利用」の3つを解説する。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]