ホワイトペーパー

世界10カ国17,000人のナレッジワーカーに聞くビジネス意識調査:日本と世界の意識の違い

株式会社セールスフォース・ジャパン 2022-12-21

いまナレッジワーカー(知識労働者)の働き方が大きく変わってきている。その要因となっているのがフレキシブルワークプレイスといった業務環境の物理的制限からの解放の推進や、フェイストゥフェイスの直接コミュニケーションから、Slackやウェブ会議といったデジタルコミュニケーションなどテクノロジーの進歩と普及だ。そうした中、Slackでは、世界10カ国の17,000人のナレッジワーカーに対してビジネス意識調査を実施した。本資料は、この調査の結果をレポートとしてまとめると共に、そのなかで日本の回答者1,000人に注目し世界と日本の違いを検証。さらに、特に大きなギャップとなった自社の生産性についての意識を掘り下げ、生産性の低さを招く関連要因と「自社の生産性が高い」と回答したナレッジワーカーに共通するものを探ることで、生産性を上げるためにできる具体的な事について考察している。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNET Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]