ホワイトペーパー

経営層、利用者、管理者の三方よしの業務環境を実現する「仮想デスクトップサービス」の決定版とは?

富士通株式会社(Anywhere Workspace) 2022-05-13

働き方改革の推進やパンデミックの影響を受け、全社的なワークスタイルの変革を目指すのはもはや珍しいことではない。特に、仮想デスクトップ環境(VDI)などの技術を活用した、従業員の場所や時間に捉われない業務遂行を実現する環境の構築が採用されてきた。
構築・運用に成功すれば大きな効果が期待できるものの、経営層、利用者、システム管理者、それぞれの立場によって様々な課題を抱えているのが現状だ。たとえば、ワークスタイルの変革を実現したい経営者にとっては、業務効率化に期待をしている一方で、PCの紛失・盗難による情報漏えいなどのセキュリティ面は不安だろう。また、利用者は生産性の高い環境構築・設定に苦労する場合もある。さらに、管理者は運用負荷の増大を懸念に思うはずだ。
以下の資料では、そうした異なる立場の課題を解決し、導入/運用の簡素化とセキュリティ技術の向上によって利便性と安全性を兼ね備えた「仮想デスクトップサービス」の全容を紹介。組織全員が納得するICTを活用した業務環境を実現したい方は、ぜひ詳細を確認してほしい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNET Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 運用管理

    AWS、GCP、Azureを中心としたクラウドネイティブ環境における5つのセキュリティ強化策

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]