ホワイトペーパー

サイバー攻撃につながる“すべての経路”を徹底的に監視する体制を確立した、GSユアサの事例を解説

JBCC株式会社(HARMONIZE) 2024-06-25

企業の間でクラウドの活用が進み、リモートワークも普及した結果、さまざまな拠点から各種システムにアクセスすることはもはや一般的となった。システム自体も複雑化し、外部公開資産も増加しているのに加えて、M&Aや組織再編などもあり、企業側が認識していない“Attack Surface(インターネットなど外部から攻撃される可能性のある領域)”が増加しているのが現実だ。このため企業は、Attack Surfaceを適切に管理しなければ、セキュリティインシデントを引き起こすリスクが高まる状況に置かれているのである。
こうした課題にいち早く対処したのがグローバル市場における電池技術のリーダーであるGSユアサだ。同社はセキュリティリスクを可視化するサービスを導入したことなどにより、Attack Surface管理やセキュリティ対策の実施までをワンストップで対応できるようになった。
本資料では、GSユアサがかつて抱えていたセキュリティ上の課題と、その解決に向けた取り組みについて、鍵となったAttack Surface診断サービスの詳細も踏まえて解説している。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNET Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]