編集部からのお知らせ
記事まとめPDF「日本のスタートアップ」
お勧め記事まとめPDF「マイクロサービス」

ホワイトペーパー

2015年比で3倍にも増加したフィッシング被害、その理由と企業がとるべき対策について考える

パロアルトネットワークス株式会社 2022-05-30

数ある攻撃手法の中でも長年にわたり常に上位の脅威として君臨し続けているのがフィッシングだ。その歴史は90年代半ばに遡り、もはや「古典的な」ハッキング手段と言っても過言ではないだろう。そして古典の例に漏れず、フィッシングはサイバー犯罪者にとって実入りの良い手口として生き残っており、より巧妙で被害の大きい手口へと進化し続けている。
このようなフィッシング攻撃の実態を踏まえて、本資料では、フィッシングの手法やその被害に関する調査結果を分析するとともに、最新のフィッシング攻撃への有効な対策を解説している。調査では、従業員の生産性低下がフィッシング被害の大きな要素を占めるなど、驚くべき事実も明らかになっている。最新のフィッシング攻撃の実態について、ぜひ知っていただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]