ホワイトペーパー

すべてのvSphereユーザー必見!中小規模インフラ環境のクラウド化に最適なIaaSの条件とは?

ダイワボウ情報システム株式会社 2022-04-25

リモートワークの普及やDX(デジタル・トランスフォーメーション)の推進、DR(ディザスタリカバリ)への対応、運用管理コストの最適化など、さまざまな理由から企業の間で急速にクラウドシフトが進みつつある。とりわけオンプレミス環境でVMwareのvShepreを利用する企業においては、そのクラウドとの相性の良さもあって、VMwareがAmazon Web Services(AWS)のベアメタルサーバ上に展開する「VMware Cloud on AWS」へと移行するケースが目立つ。ただし同サービスはホスト専有型の環境であるため、そのままでは中小規模のインフラ環境には手に余るというのも事実だ。
こうした実態を受けて、「VMware Cloud Director service」を活用することで、VMware Cloud on AWSの環境を複数ユーザーに向けて提供するのが「DX仮想クラウド基盤」である。マルチテナント環境にあっても、テナント間の通信を行うことはできないため、小規模であっても独立した環境として利用することが可能だ。本資料では、ダイワボウ情報システムが提供するDX仮想クラウド基盤についての仕組み、特徴、提供形態などを、図を交えてわかりやすく解説している。ぜひお目通しいただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNET Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. セキュリティ

    企業のDX推進を支えるセキュリティ・ゼロトラスト移行への現実解「ゼロトラスト・エッジ」戦略とは

  3. 経営

    2023年データとテクノロジーはどう変わるか 分析プラットフォームベンダーが明かす予測と企業戦略

  4. セキュリティ

    リモートワークで浮き彫りとなった「従来型VPN」、課題解決とゼロトラスト移行を実現する最適解

  5. セキュリティ

    第2世代EDRはココが違う 「自動化」でエンドポイントセキュリティの運用負荷・コストを削減

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]