編集部からのお知らせ
新着特集PDF「IOWN構想のNTT」
おすすめ記事まとめ「ランサムウェア」

ホワイトペーパー

VMware Cloud on AWSをより柔軟に活用可能、クラウドシフトを促進する新たな選択肢

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社 2022-04-25

常に進化する企業のシステム基盤。仮想環境の普及によって物理環境の制約から解放され、さらにクラウドサービスの採用によって、柔軟性や可用性の向上とともに、より迅速なシステムの立ち上げも可能になった。

現在では、オンプレミスで構築した仮想環境をクラウドサービス上で実現する「クラウドシフト」が進んでいる。その代表例が、VMwareとアマゾン ウェブ サービス(AWS)が共同開発したクラウドサービス「VMware Cloud on AWS」だろう。ただ、VMware Cloud on AWSは、中小規模の企業にとっては一社でこれらのリソースをすべて有効に使いきるにはそれなりの規模や予算が必要となることもあった。

VMware Cloud on AWSのスモールスタートが可能になれば、同サービスの利用メリットをさらに享受できる。どうすれば実現できるのだろうか。以下の資料では、VMware Cloud on AWSをより柔軟に活用できる、マルチテナント型のサービスモデルを紹介。より幅広い企業が利用できる、VMware Cloud on AWSの新たな選択肢を提案する。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

関連ホワイトペーパー

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]