ホワイトペーパー

コスト削減最大化!VMware Cloud on AWSのコストメリットを高める外部ストレージ活用法

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社 2022-12-16

多くの企業の間でクラウドシフトが進むなか、VMwareの仮想化環境をアマゾン ウェブ サービス(AWS)上で動かすことがでる「VMware Cloud on AWS」を用いて、オンプレミス環境からクラウドへ移行するケースが増えている。オンプレミスでも使われるVMwareの仮想化環境と同様のアーキテクチャーを採用しているVMware Cloud on AWSは、IT環境のクラウド化による効率アップを求める企業にとってメリットの多いサービスであると言える。

ただし、ストレージ容量が足りない場合にはホストを追加する必要があるため、コストメリットを出せないという課題があったのも事実だ。この課題を解決すべく2022年9月、VMwareはVMware Cloud on AWSの外部ストレージとしてAmazon FSx for NetApp ONTAPをサポートすることを発表。それにいち早く対応し、外部ストレージオプションの提供を開始したのが伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)だった。

本資料では、VMware Cloud on AWSのストレージ容量不足に関する課題を解決する具体的なアプローチについて、CTCのエキスパートによる適切なコメントを交えて解説している。まずはご一読いただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNET Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 運用管理

    AWS、GCP、Azureを中心としたクラウドネイティブ環境における5つのセキュリティ強化策

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]