編集部からのお知らせ
特集PDF1「導入期に入るマイクロサービス」
特集PDF2「DXレポート」

ホワイトペーパー

Microsoft 365の標準セキュリティを拡張し、BEC対策やストレージ保護を実現する

キヤノンマーケティングジャパン株式会社(ITセキュリティフォーラム2022) 2022-07-22

テレワーク需要の拡大に伴って、どのような環境からでもアクセスできるMicrosoft 365やGoogle Workspaceなどのサービスを利用する企業が増えている。ただ、そこで注意したいのがセキュリティ対策だ。セキュリティ脅威の侵入経路として、メールが利用されることは一般的に知られているが、最近は従来の仕組みのアンチウイルス・アンチスパムでは検知できない手法が広まっており、対策が必要になっている。こうしたセキュリティ脅威は、Microsoft 365の標準のセキュリティでは防御しきれない場合も多い。実際、年間で約1671万件超の脅威のすり抜けが確認されているというデータもある。本資料では、Microsoft 365のセキュリティ機能を強化し、BEC(ビジネスメール詐欺)対策やサンドボックス機能、ストレージサービスへのセキュリティ対策などを実施できるセキュリティソリューションを紹介する。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]