編集部からのお知らせ
記事まとめPDF「日本のスタートアップ」
お勧め記事まとめPDF「マイクロサービス」

ホワイトペーパー

不祥事予防に欠かせない「内部統制」─その基本知識を整理し、自社に適した内部統制システムの整備を

株式会社LegalForce 2022-09-12

あらゆる企業にとって、自社に関する不祥事がもしも発生し明らかになれば、甚大な損害が発生するおそれがあることは言うまでもない。それが上場会社であれば、株主は離れていき、株価は暴落することだろう。そのためこうした事態を防ぐために内部統制システムを整備し、不祥事に対する自浄機能を備えておくことが重要になるのだ。
現在、大会社や上場会社には内部統制システムの整備が義務付けられるが、それ以外の企業でも、ガバナンスやコンプライアンスを強化する観点から、内部統制システムを整備することは極めて有効と言えるだろう。そして内部統制には4つの目的と6つの基本的要素があり、各企業はこれらを踏まえて内部統制システムを整備することが求められてくる。
それを踏まえて本資料では、内部統制の目的や、内部統制システムを整備する際のポイントなどについて詳しく解説している。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]