編集部からのお知らせ
新着の記事まとめ「通信障害と社会リスク」
注目の記事まとめ「機械学習の現在」

ホワイトペーパー

コロナ禍やデジタル化で「データ流出経路」も変化、求められる新たなDLPのアプローチ

Trellix(Musarubra Japan 株式会社) 2022-08-02

サイバー攻撃を受けて、企業が保有する重要情報が漏洩する事件・事故が後を絶たない。情報漏洩を防止するためのセキュリティ対策としては以前から「DLP(Data Los Prevention)」ソリューションが提供されてきた。DLPを利用すると、PCからメールやUSB経由でデータが不正に送信されることをブロックできる。ただ、近年のサイバー攻撃は、エンドポイントのDLPだけではカバーできないほど範囲が拡大している。例えば、クラウドのストレージからの流出するケースや社内ネットワークに侵入したマルウェアやランサムウェアからデータが外部に送信されてしまうケースもある。
本動画資料では、エンドポイント、クラウド、ネットワークのすべてでDLPを行いながら、工場の生産システムの保護や証拠保全の仕組み、通信経路の検知などの機能を備えたDLPソリューションを解説する。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]