ホワイトペーパー

どうすれば楽になる?マルチプラットフォーム化が進む今、最適な運用管理のあり方を探る

株式会社日立製作所 2022-09-21

いまやITプラットフォームは、目的に応じて、さまざまなパブリッククラウド、プライベートクラウド、オンプレを適材適所で組み合わせて使う時代となっている。さらに一時期はクラウドファーストと言われ、とにかくクラウドをつかうことが良しとされていたが、成熟度がますにつれ、一部システムのオンプレ回帰なども始まっているとも聞く。

そうした中、企業を悩ます問題が、複雑化してしまったITプラットフォームの運用管理の工数増大だ。現実、縦・横の「サイロ化」や、人材不足と属人化といった課題に直面している企業も多いことだろう。

本資料では、そうしたマルチプラットフォーム時代の最適な運用管理のあり方とは何かを考察。さまざまな課題の整理や、それに対する解決へのアプローチをわかりやすくまとめている。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNET Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

関連ホワイトペーパー

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    2023年OTサイバーセキュリティの現状レポート--75%の組織が過去1年間に1回以上の侵入を経験

  2. セキュリティ

    サイバーセキュリティ強化に向けてマイクロソフトが示す実践的な指針を紹介

  3. セキュリティ

    5分でわかる「AWS WAF」--基礎知識から運用で陥りやすい3つの落とし穴までを徹底解説

  4. セキュリティ

    最前線で活躍するトップランナーと本気で考える、これからのサイバーセキュリティ

  5. 経営

    ガートナーが指南、迅速な意思決定を促す「AI」活用を実践する3つの主要ステップ

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]