ホワイトペーパー

ハウジング費用の40%削減と耐障害性の向上を実現、宮野医療器のHCI移行が成功した秘訣

株式会社日立製作所 2023-02-02

1946年に創業した医療機器・理化学機器の専門商社である宮野医療器。2021年、同社のビジネスの根幹を支える販売管理システムをはじめとする物流、資産管理などのシステムが稼働する物理サーバ9台がリプレースの時期を迎えた。

そこで同社は、ビジネスのニーズに合わせた今後の拡張、システムの需要とコストのバランスの最適化を図ることを決断。物理環境からHCIによる仮想基盤へとシステムインフラの刷新に着手した。

HCIはもとより、本格的な仮想化も今回初めて導入した同社が重視したポイントの1つが「信頼性」だ。複数システムが稼働する仮想基盤における高信頼性・高品質を求めて、HCIを選定した。宮野医療器は2022年1月、HCIへの移行、データセンターの物理サーバの更新を完了。その成果は、データセンターのハウジング費用の40%削減などすぐに現れたという。以下の資料では、同社の担当者がHCI移行の成功秘話と、今後のシステム基盤の強靭化について語っている。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNET Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

関連ホワイトペーパー

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]