編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「ランサムウェア」
注目の記事まとめPDF「Chrome OS」

ホワイトペーパー

リモートワークの長期化で健康被害が急増、産業医が語る「従業員の健康被害リスク」対策

株式会社Smart相談室 2022-11-08

政府主導の働き方改革やパンデミックの影響によって、近年多くの組織が採用している在宅勤務。新しい働き方として定着しつつあるが、リモートワークの長期化で健康被害を訴える人が増えている。「出社不要」「通勤不要」という特徴がある一方で、職場でのさまざまなコミュニケーションが減ったり、生活習慣の変化などがその理由に挙げられる。
言うまでもなく、在宅勤務においても労働環境整備の責任は企業側にある。従業員の健康管理に企業も積極的に関わることが求められる中、リモートワークによる従業員の健康被害リスクにどのように対処すべきなのか。
以下の資料は、労働衛生コンサルタントで産業医の林 恭弘氏が語る、リモートワークによる従業員の健康被害リスクへの対応法をまとめたものだ。「作業環境」「健康管理」「労務管理」「メンタルヘルス対応」の4つの観点で具体的な対策を解説している。従業員が安心してリモートワークに取り組める環境整備の参考にしてほしい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]