ホワイトペーパー

強いストレスを感じている従業員が6割に--ハイブリッドワーク時代のメンタルヘルス対策を考える

株式会社iCARE 2022-12-09

現在、労働者のおよそ6割がストレスを感じていることが、労働安全衛生調査から明らかになった。従業員に強いストレスを与える原因としては、「仕事の質・量」がトップであり、これに「仕事の失敗、責任の発生等」「対人関係(セクハラ・パワハラを含む)」が続いている。
コロナ禍をきっかけにメンタルヘルスに関する相談は急増しており、メンタル不調に悩む従業員やその対応に悩む人事も増加しているのが現状だ。ここにはオフィスワーク時代の働き方では人事や管理職の目によってストレス反応を初期のうちに発見できていたのが、ハイブリッドワークなどの働き方が進んだ現在では、人の目でストレス反応を発見することが難しくなっていることも大きく影響している。
こうした課題を踏まえて本資料では、多様化する従業員のメンタル不調についてその実態や背景を明らかにするとともに、メンタル不調を事前検知するための組織サーベイ「ストレスチェック」や集団分析の有効活用方法など、具体的な解決策について解説している。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNET Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 運用管理

    AWS、GCP、Azureを中心としたクラウドネイティブ環境における5つのセキュリティ強化策

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]