ホワイトペーパー

電子帳簿保存法にどう対応するか、JFEスチールなど2社の取り組みから得る知見

ウイングアーク1st株式会社 2023-07-26

電子帳簿保存法が2022年に改正され、電子取引における電子データ保存が義務化された。2023年12月31日までに対応する必要があるが、企業が対応方法を考える際には、他社の取り組みが参考になる。この資料では、電子帳簿保存法への対応を完了した2社にインタビューを実施し、課題、導入のポイント、効果について解説している。1社目のJFEスチールは、鉄鋼業界特有の商習慣があるため、短期間での請求書送付から入金額の確認までを実施する必要があった。また、2社目のロジクエストは、請求書の管理フローが統一されておらず、支店ごとに異なっていたため、原本の所在がわからないといった課題を抱えていた。そこで両社は、解決策としてウイングアーク1stのソリューション「invoiceAgent」シリーズを導入し、帳票関連業務のDXを実現した。この2社が実現した導入効果を、資料を参照して確認してもらいたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNET Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ホワイトペーパーカテゴリー

ビジネスアプリケーション

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]