ホワイトペーパー

DXの原動力「ITIL 4」の重要性、ビジネスを革新する3つの論点

ゾーホージャパン株式会社 2023-08-17

ITサービスを運用、管理するためのガイドラインとして、1989年にITIL(Information Technology Infrastructure Library)が最初に世に出た。それ以来、インターネットやスマートフォンの普及などを背景に姿を変えてきており、2019年に最新版であるITIL4が発行された。デジタル経済の中で、IT対応サービスをどう管理するべきかという観点で抜本的に見直しを実施したものである。現在、国を挙げて企業のデジタルトランスフォーメーション(DX)を推進する中で、それを支援する役割を担う「ITIL 4」への注目度がにわかに高まっている。

この資料では、DXの原動力としてのITIL 4の重要性を、さまざまな観点から解説する。従来の「モノを売る」ビジネスから、「コト(サービス)を売る」ビジネスへの転換を背景に、生産計画にかかわるバリューストリームとプロセス、カスタマージャーニー、ハイベロシティITという3つの新たな論点とそれが実現するビジネス価値を、分かりやすく解説している。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNET Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]