ホワイトペーパー

IT効率化に必要不可欠な標準インフラ運用、カギを握る「OS選び9つのポイント」

レッドハット株式会社 2024-02-02

ほとんどの組織が構築してきたITインフラストラクチャは、多数のベンダーやバージョンのOS、サーバーハードウェア構成、運用管理ツールが混在し、高度なスキルを持つ大規模なチームが必要である。こうした複雑な環境に伴う相互運用性の問題、面倒な管理、分かりにくいプロセスが現在のIT部門に求められる顧客ニーズの対応やより速いペースで提供するという使命を妨げてきた。
ダウンタイムの増加やセキュリティとコンプライアンスのリスク増大、その他の運用上の遅延を回避するためには、IT効率化のために必要な標準化を実現する必要がある。特に、その中核をなすのが「標準運用を実現するOS」だ。IT環境を標準化すると、どのように柔軟性の向上と効率化を支援できるのか。
この資料では、標準運用環境を構築する際に検討すべき9つの事項をまとめている。「自動化」「一元化」「セキュリティ」など標準運用環境の主なメリットを得られるOSの選び方、導入のポイントなどを紹介している。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNET Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

ホワイトペーパーカテゴリー

OS

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]