ホワイトペーパー

DXの鍵を握るハイブリッドクラウド戦略、世界の企業が語る“RHEL”の優位性

レッドハット株式会社 2024-02-02

DXが進む中で、世界の多くの企業がオンプレミスとパブリッククラウドを併用する「ハイブリッドクラウド戦略」を打ち出している。だが、そこには複数プラットフォームの管理や多様なスキルを持つ従業員の採用、セキュリティの確保などさまざまな課題が存在する。解決策として、OSである「Red Hat Enterprise Linux」に注目が集まっている。背景に、別のLinuxディストリビューションであるCentOS Linuxが2024年6月にサポート終了 (EOL) となるため、多くの企業が移行への決断を迫られている事情がある。
この資料では、CentOS から Enterprise Linux への移行を検討する企業を主な対象とし、Red Hat Enterprise Linux移行によるメリットを、多くのユーザー企業のコメントを交えて詳しく解説する。コスト効率、セキュリティ、パフォーマンス、サポートなど、技術面を含めた気になるポイントを簡潔に押さえているので、ぜひ確認してほしい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNET Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

ホワイトペーパーカテゴリー

OS

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]