ホワイトペーパー

サプライチェーン全体で考える--重大インシデントが発生する前に日本企業が取り組むべき対策とは

株式会社マクニカ/クラウドストライク合同会社 2023-11-01

ランサムウェア被害を中心にしたセキュリティの重大インシデントが世界各地で日々発生している。報告されるインシデントの数は年々増えているが、その背景には、サイバー攻撃自体が激化したことに加え、セキュリティ対策が不十分なエンドポイントが増加したことにある。世界的に攻撃者側の活動が活発になっている現在、セキュリティインシデントはもはや他人事ではなく、いつ発生してもおかしくない状況だ。では、どのようにグローバルインシデント対策を検討していくべきか。
本資料では、サイバーハイジーンとサイバーレジリエンスの観点において、検討すべきポイントを分かりやすく解説し、「資産の可視化」、「サプライチェーン全体でのセキュリティ対策」、「プロフェッショナル人材の確保」の3ステップで、日本企業が取り組むべきグローバルインシデント対策を提示する。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNET Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]