ホワイトペーパー

いまや必須となったOTセキュリティ対策、企業に求められるROI把握と運用体制への組み込み

パロアルトネットワークス株式会社 2024-05-29

OT(Operational Technology)セキュリティの確保は急務の課題だ。OT領域のシステム機器としては、産業用制御システム(ICS)、リモートターミナルユニット(RTU)、分散制御システム(DCS)、プログラマブルロジックコントローラ(PLC)、監視制御およびデータ収集システム(SCADA)、産業用IoTデバイスなどがあるが、これらはリモートアクセス用の設計やITネットワークとの統合が十分に考慮されていないことが多い。また運用も複雑で十分に可視化されていなかったり、組織としてのリスク対応の設計も不十分である場合も多い。そのため、システム機器の脆弱性を突いてサイバー攻撃を受けやすくなっているのだ。
本資料では、OT環境向けのセキュリティソリューション「Palo Alto Networks Industrial OT Security」がもたらす効果を解説しながら、企業がOTセキュリティ対策のROIを把握し、運用体制に組み込んでいく方法を解説する。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNET Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]