ホワイトペーパー

従来型のSIEMを使い続ける弊害とSOC運用を高度化するサイバーセキュリティ対策の進め方

パロアルトネットワークス株式会社 2024-05-30

この数年で企業・組織におけるSOC(セキュリティ・オペレーション・センター)に対するニーズは変化した。エンドポイントがアンチウイルスからEDRへ、ネットワーク・セキュリティが境界型防御からゼロトラストやSASEへ移行し、データセンターからクラウドへと移行しているという状況を見ればそれも納得できるはずだ。
その一方で、今なお20年前に設計されたモデルで運用され続けているのが「SIEM(セキュリティ情報イベント管理)」だ。SOCの重要なツールであるにもかかわらず、その技術的な停滞が思わぬリスクをもたらす危険性が指摘されている。では、従来型のSIEMを使い続けるとどうなるのか。
本資料では、レガシーSIEMを使うことによる弊害を解説するとともに、現在の脅威にも対抗しえるサイバーセキュリティ・ソリューションについて、その概要や特徴、ユースケースなどを紹介する。SOC運用の担当者はぜひ参考にしてほしい内容となっている。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNET Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]