ホワイトペーパー

侵害全体の8割で漏洩した認証情報が使用されている─アイデンティティベース攻撃の実態と防御方法を知る

クラウドストライク合同会社 2023-12-06

昨今のサイバー攻撃者は、アイデンティティに対する攻撃(アイデンティティベース攻撃)を好む傾向が強まっており、被害も増加している。実際、侵害全体のうち実に80%で、漏洩したアイデンティティ──つまり認証情報が使用されているのである。そしてアイデンティティベース攻撃においては、攻撃者が悪意のある行動を開始するまでは正規ユーザーのように見えるため、特定するのが極めて困難であり、侵害されたIDを特定するまで最長で250日もかかってしまうのである。

このような背景を受けて本動画では、アイデンティティベース攻撃とはどのようなものなのか、まずはその実態について紹介するとともに、そうした攻撃から企業を保護する、最先端のMDR(Managed Detection and Response)サービスについて解説している。このサービスを支える、高度な知見とノウハウを有する専門対応チームが、日々どのようにアイデンティティへの侵害を阻止しているのか、ぜひご覧いただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNET Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]