ホワイトペーパー

なぜ日本企業は『サイバーレジリエンス』に取り組むべきなのか? その全貌、市場トレンドとメリットを知る

キンドリルジャパン株式会社 2024-05-14

サイバーレジリエンスへの関心が高まっている。サイバーレジリエンスとは、サイバー攻撃やシステム障害、自然災害、サプライチェーンリスクなどによって予期せぬ事業停止を被ったときに迅速に復旧し、事業を継続する能力やそのための対策のことだ。これまではサイバー脅威に対抗するためのサイバーセキュリティや自然災害などに対応するためのBCP/DR(事業継続計画/災害対策)がそれぞれの領域で重視されてきた。しかし、ビジネスにおけるICT・デジタル技術への依存度が高まるなか、セキュリティとBCP/DRを含め、ビジネス全体をどう継続させていくかという視点が重要になってきた。
本資料では、日本企業がなぜサイバーレジリエンスに取り組むべきなのか、またどのような考え方とアプローチを採用すればよいのか。市場トレンドとメリットとあわせ、取り組みのベストプラクティスを解説する。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNET Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]