ホワイトペーパー

Netskopeが示すロードマップ--クラウドはいかに従来のセキュリティモデルを破壊したか?

Netskope Japan株式会社 2024-05-30

ビジネスのクラウド化は専門家の予測を上回る速度で進んでおり、コロナ禍がそれに拍車を掛けた。一方で、多くの企業は依然としてオンプレミスのデータセンターが主流の時代に構築されたセキュリティ基盤に依存している。解決策として、セキュア・アクセス・サービス・エッジ(SASE)への注目が高まっている。従業員がいる場所にかかわらず、全てのビジネスに必要な保護を提供するクラウドベースのフレームワークだ。
本資料では、SASEを実現する基本サービスと言えるセキュリティ・サービス・エッジ(SSE)が、リモートワーカー、クラウドベースの技術、既存のオンプレミスアプリケーションやインフラを保護する機能を備えていることに着目する。SASE市場をけん引するNetskopeが、クラウド化の変遷、SSEの設計図、ゼロトラストの活用などをテーマにしながら、新しいセキュリティ基盤を構築するためのロードマップを示す。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNET Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]