AMDのATI買収により、インテルに対抗できる勢力に

株式会社データリソース 2006年08月18日

変化し続けるコンピューティング市場のダイナミズムによって、x86プロセッサ市場は地味な市場からエキサイティングな状況へと変化してきている。AMDはインテルがかつて出会ったことのない強力な競争相手となったが、それでも企業規模はインテルにはとても及ばず、市場で競争力を保つには革新を続行しなければならないと米国の調査会社インスタット社では報告している。

変化し続けるコンピューティング市場のダイナミズムによって、x86プロセッサ市場は地味な市場からエキサイティングな状況へと変化してきている。AMDはインテルがかつて出会ったことのない強力な競争相手となったが、それでも企業規模はインテルにはるかに及ばず、市場で競争力を保つには革新を続行しなければならないだろうと米国の調査会社インスタット社は報告する。はるかに大きいとはいえインテルも切迫感を新たにし、新製品と戦略で応じようとしている。AMDも今後の競争力を維持するためには、革新的であり続けなければならないだろう。

「インテルとのより厳しい競争に直面して、AMDのATI買収は、将来のPCプロセッサにおけるGPU(Graphics Processing Units)の統合における一波乱となるかもしれない。PCの戦いはもはやプロセッサの戦いではなく、プラットフォームにおける戦いである」と、インスタット社の主席アナリストJim McGregor氏は言う。

インスタット社は、この2冊の調査レポートにおいて、下記についても調査した。
- AMDのPCとサーバのシェアは、2004年第1四半期以来着実に上昇している。AMD64アーキテクチャが好調で、PCとサーバの両方の市場で22%以上を占めている
- AMDは、インテルのコアマイクロアーキテクチャとの激しい競合に直面しているが、現在、DDRサポートによるAMD64製品ライン全体を強化し、65nm生産に移行しつつある
- AMDは今後のプラットフォーム増強のためにエコシステムを向上するようなパートナー探している。たとえば、サーバのインターフェースとソケットをコンパチブルにできるコプロセッサを提供するTorrenzaや、オープンプラットフォーム管理規格を提供するTrinityなどである
- AMDのATI買収には多くの課題があるが、様々なCPU、GPUベンダや半導体ファウンドリなどのPCのエコシステムに重要な影響を与えそうである
- インテルの競争力増強やATI買収の影響は、少なくとも1年間は確実には見えてこないだろう

インスタット社の調査レポート「好調なAMD、インテルとの競合と課題 - The AMD Challenge: A Reversal of Fortunes」は、コンピュータ市場の競争環境の変化を調査し、AMDの新しいビジネスチャンスへの投資やそれによってライバルインテルとの競争力がいかに変化するかについて分析している。新しい競争の場や、新たなライバルとの争いを超えて、かすかに見えつつある今後数年間のプラットフォーム争いの行方に影響を与えるAMDとインテル両方の資本力についても調査している。

調査レポート
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
好調なAMD、インテルとの競合と課題
The AMD Challenge: A Reversal of Fortunes
(リンク »)

インスタット (In-Stat)について
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
(リンク »)

※このプレスリリースに関するお問合せ
(リンク »)

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
(リンク »)
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • 【3/31まで早期割引受付中!】「IBM Watson Summit 2017」開催

    日本IBMが主催する最大の国内総合イベント。テクノロジー・リーダーの疑問を紐解く「企業IT、セキュリティー、モバイル、データ解析などの進化を探る」詳細はこちらから!

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!