”広告の未来を大胆予測”~時事通信がテクノロジーセミナー開催

株式会社時事通信社 2006年09月13日

時事通信社は、広告関係者向けのテクノロジーセミナーを10月11日(水)に時事通信ホール(東京中央区銀座)で開催する。ベストセラー「テレビCM崩壊」を監修した織田浩一、博報堂、電通を経てグーグルに移籍したカリスマ広告マン高広伯彦、インターネット広告大手サイバーエージェントの知恵袋、須田伸~インタラクティブ広告の3堅人と呼ばれる3人が一同に会し、広告の未来を大胆予測する。コーディネートは「ネットは新聞を殺すのか」の著書で知られる湯川鶴章時事通信編集委員。
ネット上での問い合わせ、申し込みは以下のアドレスで。
(リンク »)
広報テクノロジーセミナー事務局(担当:塚本)
〒104-8178 東京都中央区銀座5-15-8 時事通信社 事業局内
TEL:03-6800-1111(6962) FAX:03-3542-5554

このプレスリリースの付帯情報

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社時事通信社の関連情報

株式会社時事通信社

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?