MovableType専用リッチ更新ツール「MT EntryFlex」の 「GENOVAホームページ製作パッケージ」への導入開始!! ~2006年5月下旬より導入開始~ http://www.genova.bz

株式会社GENOVA 2006年05月15日

株式会社GENOVA(東京都渋谷区、代表取締役:平瀬智樹)は、
MovableType(以下MT)専用リッチ更新ツール「MT EntryFlex」の
「GENOVAホームページ製作パッケージ」への導入を2006年5月下旬より開始いたします。

「GENOVAホームページ製作パッケージ」は、SixApart株式会社のブログシステムであるMTを、企業ポータルサイトの構築に利用し、更新性の改善を実現させる注目のソリューションです。ブログを単なる日記ではなく、CMS(コンテンツ管理システム)としてとらえ、企業サイトの情報発信頻度を増やす事で、マーケティングツールとしても利用できます。

今回「GENOVAホームページ製作パッケージ」に導入を開始する「MT EntryFlex」は、更新処理を飛躍的に簡便化する、サーバーインストールタイプの更新画面拡張ツールです。

設立以来、弊社ではMTを利用したホームページ構築実績No1を目指し、様々な業種のホームページを構築して参りましたが、切実なご要望として必ず上がるのが「誰でも簡単に更新ができるようにして欲しい」というものでした。このご要望にお応えすべく「MT EntryFlex」では大きく2つ「WYSIWYG(ウィジウィグ)エディタ」と「更新画面カスタマイズ」機能をご用意しました。

「WYSIWYGエディタ」は、「簡単に更新ができる」をコンセプトに用意された機能です。この「WYSIWYGエディタ」を用いる事で、HTMLを全く知らない方でも、文章のレイアウト、フォント、色の変更、画像の貼り付け、画像伸縮等のオペレーションを簡単に行う事ができます。

「更新画面カスタマイズ」機能は「誰でも更新できる」をコンセプトに用意された機能です。通常のMTには3つの入力項目(「本文」、「追記」、「概要」)しかなく、そこに運用ルールを持たせて、お客様がそれに合わせて入力するような状態でした。不動産を例にすると、「本文」には物件の説明、「追記」には敷金礼金、家賃等の説明、「概要」には現在の募集中なのか否かといった情報を入力するといった運用ルールです。しかし、これでは運用を知っている人以外は更新することが難しく、担当者が必要となっていました。

今回の「更新画面カスタマイズ」機能を利用することで、上記の問題は解決されます。それは「更新画面カスタマイズ」機能で、入力項目を増やし、その入力、設定方法を選択することが可能となるからです。
先ほどの不動産の例で言えば、「物件の説明」、「敷金」、「礼金」、「家賃」、「現在の状態」、「物件の写真」という項目を増やし、「物件の説明」及び「家賃」の入力方法は「WYSIWYGエディタ」、「敷金」、「礼金」、「現在の状態」の設定方法は「コンボボックス」、「物件の写真」の設定方法はファイル選択ダイアログといった具合にカスタマイズする事が可能です。この結果、誰が見てもどこに何を入力するかが一目で分り、結果として担当者は必要なくなります。また、担当者であったとしても入力、設定は非常に簡便なものとなります。

「GENOVAホームページ製作パッケージ」に「MT EntryFlex」を導入することで、「誰でも簡単に更新ができるようにして欲しい」とのお客様の声にお応えできるものと確信しております。


■企業概要
会社名:株式会社GENOVA
本社:〒150-0041 東京都渋谷区神南1-9-2大畠ビル7F
代表取締役:平瀬智樹
設立:2005年7月
資本金:3900万円
URL: (リンク »)
E-Mail:info@genovajp.com
TEL:03-5489-7966
FAX:03-5489-7967


≪本件に関する問い合わせ先≫
株式会社GENOVA   担当:星野
〒150-0041 東京都渋谷区神南1-9-2大畠ビル7F
TEL:03-5489-7966 FAX:03-5489-7967
E-mail:hoshino@genovajp.com

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社GENOVAの関連情報

株式会社GENOVA

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!