中小企業の需要によりIP セントレックス/ホステッドPBXの売上増加

株式会社データリソース 2005年12月21日

IPセントレックス/ホステッドPBX市場は今後4年間で大幅に成長し、収益は2009年までに13億ドル近くに達するとインスタット社は予測している。ホステッドサービスのスイートスポットへの中小企業(SME)の需要は、この数年間急成長している。

今後4年間、IPセントレックス/ホステッドPBX市場は大幅に成長し、収益は2009年までに13億ドル近くに達するとインスタット社は報告する。中小企業(SME)の需要はホステッドサービスのスイートスポットで、この数年間急成長している。

IPセントレックス/ホステッドPBXは、2つの異なる音声切り替えシステムである従来のセントレックスとPBXソリューションを組み合わせたものである。「主なサービスの促進要因はコスト削減、可動性、統合メッセージング、使い易さ、管理の強化、統合サービス、ウェブポータル経由のシステムアクセスなどの高度な機能である」とインスタット社のアナリストDavid Lemelin氏は言う。「だが同市場の成長が米国のブロードバンドVoIPのダイナミックな成長に大きく後れをとっていることは特筆すべきだ。」

インスタット社の調査結果を以下にあげる。

- 高度な機能、特に常にユーザーの居場所を突き止める転送サービス、電子メールやウェブポータル経由のボイルメールを管理するユニファイドメッセージングによって需要が高まり始めている。

- 2005年の秋に、ランダムに選んだ1000人以上のビジネス向け電気通信の意思決定者に行ったインスタット社の調査によれば、中規模および大規模企業の30%以上はIPセントレックス/ホステッドPBXのソリューションを一度は試したことがある。

- 同市場はひとつのロケーションのエンドユーザー数が10-300人の顧客に焦点を当てている。スイートスポットは社員数25-60人の中小企業の顧客である。

インスタット社の調査レポート「米国のIPセントレックス/ホステッドPBXサービス調査 - ホステッドVoIPソリューションは着実に成長 - Steady Growth Ahead for Hosted VoIP Solutions US IP Centrex/Hosted PBX Services」は、IPセントレックス/ホステッドPBX市場について記載している。市場の促進要因と課題の分析、垂直市場と水平的市場のビジネスチャンス、価格を記載している。また2009年までの予測データ、主なソリューションプロバイダとサービスプロバイダのプロファイルを記載している。


◆調査レポート
米国のIPセントレックス/ホステッドPBXサービス調査 - ホステッドVoIPソリューションは着実に成長
Steady Growth Ahead for Hosted VoIP Solutions US IP Centrex/Hosted PBX Services
(リンク »)

◆インスタットについて
(リンク »)


◆このプレスリリースに関するお問合せ
(リンク »)

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
(リンク »)
Eメール:info@dri.co.jp

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社データリソースの関連情報

株式会社データリソース

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR