イメージャは北米のバーコードスキャン市場でシェアを伸ばす

株式会社データリソース 2006年01月17日

米国の調査会社ベンチャーデベロップメント (VDC) 社では、従来のレーザ技術の2倍以上成長した北米のイメージング技術によって、北米市場でのイメージャの成長は2005年にも続き、2006年も地域的にも垂直市場にも拡大していくと予測している。

VDC社は、イメージベースのバーコードスキャン技術について地域ごとの市場傾向を調査した。VDC社の調査期間である2004年に、北米のイメージング技術は従来のレーザによるスキャン技術の2倍以上も成長した。対照的にアジア太平洋地域では、2004年にレーザスキャナがめざましく発展した。北米市場でのイメージャの成長は2005年にも続き、2006年も地域的にも垂直市場にも拡大していくだろう。

レーザ技術は依然としてすべての地域でスキャナ収益の大部分を占めているが、2003-2004年の北米におけるイメージャの成長によってレーザとイメージスキャナの出荷数のギャップが縮まりつつあることが、AIDC調査における米国の傾向によってわかる。

北米市場ではここ数年間、イメージング技術がレーザ技術より速い速度で成長している。しかし、現在のイメージスキャナの需要は、携帯型と固定型の両方において、激しくレーザスキャナと競り合っているようだ(Exhibits I、II参照)。固定型スキャン市場では、POSスキャナ以外では、イメージャの記録的な成長によって、レーザスキャナがマイナス成長となった。

技術的に実現され、価格も競争的なレベルまで下がって来ているため、複数のアプリケーションにおいてイメージベースの技術の受入れは進んでいるようだ。イメージング技術は以下の要因のため、あきらかにレーザベースの技術より速い速度で成長している。


- イメージングスキャナの価格下落によって市場の受入れが進み、特に運送/ロジスティックス垂直市場における2DとPDF417バーコードの導入が進んでいる

- 研究開発によってイメージングスキャナの性能、特にデコードソフトウエアのアルゴリズムが向上し、イメージング技術の進歩を促した

- イメージングベースのソリューションによってレーザ技術の可動部分がなくなり、耐久性が向上した

- AIDC調査の予想以上に、デジタルカメラなどのイメージングベースの技術に対するエンドユーザの親近感が高まった

- レーザ技術には知的財産権の制限があるため、メーカは他の技術を求めており、イメージング市場の成長によって、市場シェアを獲得しようとするメーカも増えている

イメージベースのスキャナは、主に北米のレーザベースのスキャナからの移行によってシェアを拡大し始めているが、その傾向は欧州でもすすんでいる。現在、レーザとイメージベースのスキャンソリューションの両方が欧州でめざましく伸びつつある。しかし、イメージは特に産業向け/製造業の垂直セグメントではずみがつくだろう。北米市場は欧州、そして最終的にはアジア太平洋地域の市場に及ぶ影響を先取りして表しているのかもしれない。



◆AIDC Global Industry Business Planning Service: 2006 Service Year
Hand Held/Stationary Bar Code Scanners , Bar Code Printers and Consumables
(リンク »)

◆ベンチャーデベロップメント (VDC) 社について
(リンク »)


◆このプレスリリースに関するお問合せ
(リンク »)

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
(リンク »)
Eメール:info@dri.co.jp

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社データリソースの関連情報

株式会社データリソース

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR