コンタクトセンターシステムの豊富な構築実績をもとにソフトウェアを新規体系化

~新製品体系「CSVIEWシリーズ」を本日発表~

日本電気株式会社 ソフトウェアビジネスユニット 2005年11月14日

コンタクトセンターを構築するための各ソフトウェア製品を体系化し CSVIEWシリーズとして、本日より、販売活動を開始しました。このCSVIEWシリーズはコンタクトセンターを構築する応対管理ソフト、CTIミドルウェアに加え、テキストマイニング、音声認識、Webコラボレーションなどの関連付加価値製品から構成されます。

 CS向上、コスト削減、売上拡大を支援するUNIVERGE CRMソリューション( (リンク ») )は、この CSVIEWシリーズを組み合わせて提供します。

 「CSVIEW」シリーズには、コンタクトセンターを構築する以下の製品が含まれ、今後も順次機能強化、新製品を提供していきます。

1.応対管理
・CSVIEW/応対管理
・CSVIEW/応対管理 ワークフロー
・CSVIEW/応対管理 通話録音
・CSVIEW/応対管理 CTIPRO連携
・CSVIEW/応対管理 Genesys連携
・CSVIEW/応対管理 メール連携

2.業種向けテンプレート
・CSVIEW/応対管理 食品テンプレート
・CSVIEW/応対管理 医薬テンプレート

3.付加価値製品
・CSVIEW/FAQナビ
・CSVIEW/テキストマイニング
・CSVIEW/VisualVoice(音声認識)
・CSVIEW/Webアンケート
・CSVIEW/Web相談
・CSVIEW/VoiceOperator(IVR)
・CSVIEW/音声認識合成サポートキット
・CSVIEW/音声合成サポートキット
・CSVIEW/VoiceSearch(音声検索)

4.CTIミドルウェア
・CSVIEW/CCBASE
・CSVIEW/CTIPRO

5.ACD/統計分析
・CSVIEW/Q-Master(ACD、統計分析、アナウンス)
・CSVIEW/NAVIGATORMIS(統計分析)
 
コンタクトセンターシステムの豊富な構築実績をもとに、コンタクトセンター向け製品を体系化し、お客様の様々なご要望に応えられるようにしました。これにより、同市場分野のソフトウェア製品出荷で「CSVIEW」は3年後に市場シェアNo.1を目指します。

以下のイベントにて、ご紹介を予定しておりますので、ご来場をお待ち申し上げます。

□2005年11月17日~18日
 コールセンター/CRMデモ&コンファレンス
 会場:池袋サンシャインシティ・文化会館
  (リンク »)

□2005年12月7日~9日
 C&Cユーザーフォーラム & iEXPO2005 
 会場:東京ビッグサイト
  (リンク »)

■お客さま問い合わせ先
 日本電気株式会社 ミドルウェア事業部
 sw-info@mid.jp.nec.com TEL:03-3798-9735 杉田、井上、小清水

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!