ボーランド、マルチ言語対応の新しい統合開発環境 「Borland® Developer Studio 2006日本語版」を販売開始

~ Microsoft® Windows®対応のアプリケーション開発環境を一つに統合し、開発者の生産性を大幅に向上 ~

ボーランド株式会社 2005年11月24日

ボーランド株式会社(本社: 東京都新宿区、代表取締役社長: 河原 正也、以下ボーランド)は、新しいマルチ言語対応の統合開発環境(IDE)、「Borland® Developer Studio 2006日本語版」(ボーランド・デベロッパー・スタジオ、以下BDS)を本日より販売開始することを発表しました。

BDSは、ボーランドがこれまで提供してきた実績ある3種類の製品体系、Delphi®、C++ Builder®、C# Builder®の最新機能をすべて統合し、Microsoft Windowsアプリケーション開発を支援するマルチ言語対応(Delphi、C++、C、C#)の単一統合開発環境として新たに商品化したユニークな製品です。開発者は、目的に応じて言語やプラットフォーム(Win32®、.NET)を選択し、さらに効率よくアプリケーション開発を行えるようになります。

ボーランド株式会社 代表取締役社長 河原正也は以下のように述べています。「ボーランドは、ソフトウェア開発に携わる方々に最先端開発技術とそれによる生産性の向上を提供してまいりました。本日発表しましたBDSは、世界中に広がるボーランド・ユーザーのご意見を取り入れ、3系統の製品を統合したものです。また、ボーランドのアプリケーション・ライフサイクル管理(ALM)製品との連携も可能となり、ボーランドの提唱するSoftware Delivery Optimization(SDO)の中核となる製品として、ソフトウェア開発の一層の生産性向上・品質向上に寄与できる環境をご提供できるものと自負いたしております。これからもボーランドは、ユーザーならびにコミュニティの皆様のご意見を傾聴し、より良い製品、より良いサービスをご提供する所存です。」

開発者の生産性を大幅に向上させるBDSの主な特徴:
BDSにはユーザーの意見が多数反映され、高品質のアプリケーションを短時間で開発できるよう様々な工夫が実装されました。エンタープライズフレームワーク、再利用可能なビジュアルコンポーネントライブラリ、高度なモデリング機能をもつBorland® Together®とアプリケーション・ライフサイクル管理製品の統合により、開発の生産性は大幅に向上します。

・ UMLモデリングに対応 リバースエンジニアリング機能も可能に
Borland LiveSource®テクノロジーにより、DelphiおよびC#のソースコードとモデル図のリアルタイム同期が実現しました。従来のビジュアル開発の生産性を維持しながら自然にUMLモデリングを導入でき、既存システムの保守と新規開発の両方で、ソフトウェア品質の向上が可能です。さらに、高度なリバースエンジニアリング機能を活用して、ソースコードからモデル図を簡単に自動生成できるため、既存の資産をモデル化して管理できるようになりました。

・ リファクタリングとコードの検査、測定機能による品質向上
モデル図を利用したリファクタリングが可能となり、コードのメンテナンス性が向上しました。また、コードの検査/測定機能により、コードを網羅的に分析して、潜在的な問題点を検出、コーディング標準への準拠度を定量的に測定できます。これにより、一定のレベルの品質を常に維持できるようになりました。

・ モデルドリブン開発(MDD)のサポート
モデルドリブンフレームワークECO III(Enterprise Core Objects III)のO/Rマッピング技術により、UMLモデルとデータベースを接続するためのコードを自動的に生成します。機能の追加や修正はモデルに対して行うだけで画面設計やデータ構造も自動更新されるので、通常の開発作業の中で開発チームの生産性が向上します。

・ Win32と.NETへの容易な移行
Delphiは、Win32と.NETの両方に対応しているため、Win32で開発済みのアプリケーション資産の保守を継続しながら、.NETフレームワークに移行することが容易に行えます。

・ 画面設計の効率化とコーディングの迅速化
フォームやコンポーネントのレイアウトを定義することにより、ドラッグ&ドロップ時に適切な位置を視覚的にガイドする機能が加わりました。これにより画面設計が効率的に行えます。また、コードのライブテンプレート機能を利用してコードにテンプレートを適用すると、定義されたロジックをもとにコードを迅速に完成できます。

・ 言語に依存しないモデリングを実現
BDSは、言語に依存しないUMLモデルを作成することができます。設計時に作成したモデルからDelphi言語またはC#のソースコードを生成することができます。このモデルをメンテナンスすることにより設計の再利用ができるため、システムの運用や移行に役立てられます。

・ アプリケーション・ライフサイクル全体をサポート
BDSは、ボーランドの要件管理ツールCaliberRMTM、変更・構成管理ツールStarTeam®と統合することができます。これらの機能を活用することで、開発プロジェクトの生産性も飛躍的に向上します。

【販売開始日】: 2005年11月24日
【出荷予定日】: 2005年12月21日
【標準価格】
・ Borland Developer Studio 2006 Architect日本語版 399,000円(税込)
・ Borland Developer Studio 2006 Enterprise日本語版 336,000円(税込)
・ Borland Developer Studio 2006 Professional日本語版 84,000円(税込)



■┐━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
└■ ボーランドについて
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ボーランドについて
1983年に設立されたボーランドソフトウェアコーポレーション(NASDAQ:BORL)は、Software Delivery Optimization(SDO)ビジョンの実現に向けて、プラットフォームに依存しないソリューションを提供する世界最先端の企業です。人材、プロセス、テクノロジーを融合したソフトウェアおよびサービスの提供を通じて、ビジネスにおけるソフトウェア価値の最大化を支援します。高品質のソフトウェアを納期どおり予算内で提供する方法についての詳細は、 (リンク ») をご参照ください。

Borland、Delphi、C++Builder、Software Delivery Optimization、C#Builder、ECO、StarTeam、Together、CaliberRM、LiveSource、およびその他すべてのBorlandブランドおよび製品名は、米国およびその他の国におけるBorland Software Corporationの登録商標または商標です。Microsoft、Windows、およびWin32は、米国および/またはその他の国におけるMicrosoft Corporationの登録商標または商標です。その他すべてのマークは、その所有者に帰属します。


■□━━━━━━━━━━━━━━━■□
本件に関する報道関係者のお問い合わせ先
■□━━━━━━━━━━━━━━━■□

ボーランド株式会社
マーケティング本部 小森 真紀
TEL. (03) 4560-1133
Email. maki.komori@borland.com

ボーランドPR代理店(株式会社パブリシス)
竹内 絵里子、 葛西 孝子
TEL. (03) 5719-8901
Email. Borland@publicis.co.jp

■□━━━━━━━━━━━━━━━■□
読者のお問い合わせ先
■□━━━━━━━━━━━━━━━■□

ボーランド株式会社 営業本部
〒160-0023 東京都新宿区西新宿1-23-7 新宿ファーストウエスト
TEL. (03) 4560-1100 E-mail: sales@borland.co.jp
(リンク »)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

ボーランド株式会社の関連情報

ボーランド株式会社

ボーランド株式会社の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 【3/31まで早期割引受付中!】「IBM Watson Summit 2017」開催

    日本IBMが主催する最大の国内総合イベント。テクノロジー・リーダーの疑問を紐解く「企業IT、セキュリティー、モバイル、データ解析などの進化を探る」詳細はこちらから!