文書の電子化と管理の効率化を実現する業務管理ソフト『FormPat 2.0』をリリース

デジタルアシスト株式会社 2006年02月28日

業務文書の電子化支援のソリューションをご提供して参りましたデジタルアシスト株式会社(本社:京都市下京区 社長:鈴木康生)は、電子フォームとワークフローのコラボレーションシステム「FormPat 2.0」を2006年3月1日に発売開始をいたします。

報道関係者各位
                       平成18年2月20日
                   デジタルアシスト株式会社

 -------------------------------------------------------------
 文書の電子化と管理の効率化を実現する業務管理ソフト『FormPat 2.0』をリリース
 -------------------------------------------------------------


業務文書の電子化支援のソリューションをご提供して参りましたデジタル
アシスト株式会社(本社:京都市下京区 社長:鈴木康生)は、
電子フォームとワークフローのコラボレーションシステム「FormPat 2.0」を
2006年3月1日に発売開始をいたします。


今回リリースを行う「FormPat 2.0」では、基本性能のレベルアップを目的に
セキュリティ、操作性、処理速度の3つのレベルアップを行うとともに、
標準機能・オプション機能の充実を行った。
また、「FormPat 2.0」では機能面だけでなく、ユーザが導入しやすいように
ユーザの状況に合わせたライセンス選択が出来るように、複数のパッケージ
ライセンスをご用意いたしました。


【主な新機能】
・モバイルオプション追加
 携帯からのフォーム入力・修正、ワークフロー承認が可能になります。
 また、モバイルとPCの両方からデータを入力することが可能です。

・インポートオプション追加
 外部のCSV形式データからフォームへインポートが可能になりました。
 また、インポートはウィザード形式で行えます。

・手書きオプション追加
 マウスやペンタブレットなどで手書き入力が可能になります。
 また、画像 貼付け機能を併用すると製造指示書やクレーム報告書等で、
 画像を取り込 みその上に手書き指示を入れた指示書や報告書の作成が
 可能です。

・画像を貼り付け機能を追加
 品質管理やクレーム管理などの報告書フォームに現場写真などを貼り付け
 ることが可能になり、写真入報告書の作成が可能です。

・電子印鑑作成ソフトを標準添付
 他社ツールを別途購入しなくとも標準添付された電子印鑑の作成が可能に
 なりました。


【FormPat 2.0ライセンスラインナップ】
■スタンダードライセンス( \1,100,000 )
  従来どおりの標準ライセンスです。

■オプションパックライセンス( \1,700,000 )
  スタンダードライセンスに5つのオプションを同梱したミドルユーザ
  向けライセンスです。

■エンタープライズライセンス( \2,800,000 )
  利用ユーザが数百人規模以上のパワーユーザ向けユーザ無制限の
  ライセンスです。

■エコノミーライセンス( \700,000 )
  ワークフローを利用しないユーザ向けのエコノミーなライセンスです。

■スペシャルライセンス \500,000
  フォーム設計ツールを同梱せず、価格を抑えた小規模ユーザ向けの
  スペシャルライセンスです。


今回リリースいたしますFormPat 2.0をベースに、特定業務向け、ERP
パッケージ向け等、ユーザのニーズにあった幅広いバリエーションを
ご提供していく予定です。


■本件に関するお問合せ先
デジタルアシスト株式会社
京都市下京区中堂寺南町134 京都高度技術研究所 3F
TEL: 050-3432-9933 FAX: 050-3356-7516
担当:林 裕一
E-mail:info@digitalassist.co.jp
URL: (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

デジタルアシスト株式会社の関連情報

デジタルアシスト株式会社

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?