Eclipse対応ソースコード自動生成型O/Rマッピング・ツールを無償提供開始

~CROSSFIRE AUTOGEN - JavaSQLパーソナル版を無償提供~

H3パートナーズ有限会社 2006年02月28日

CROSSFIRE AUTOGEN - JavaSQLは日本初のEclipse用のソースコード自動生成型O/Rマッピング・ツールです。今回基本機能を無償提供することにより、より多くの方にご利用いただき、深刻な問題となっているJavaプロジェクトの人材不足を補う一助となることを目指しています。

□ CROSSFIRE AUTOGEN - JavaSQL とは

CROSSFIRE AUTOGEN - JavaSQL は、Eclipse用のソースコード自動生成型O/Rマッピング・ツールです。オープンソースの統合ソフトウェア開発環境であるEclipseにインストールすることにより、O/Rマッピングに必要なJavaソースコードを自動生成できます。
今回無償提供を開始するパーソナル版は、複数マスタを持つ本格的な業務システム開発に必要となる機能の一部が制限されていますが、JavaSQLが備えるその他の豊富な機能は全てご利用いただくことができます。

□ 主な特長

・はじめてのEclipse対応ソースコード自動生成型O/Rマッピングツール
・Hibernateなどと異なり基本的なSQLの知識だけで利用可能
・自動生成されたコードは上級プログラマの記述結果と変わらない高品質
・一度生成したコードの修正にはツール不要
・基本機能搭載のパーソナル版を無償提供


提供の背景

CROSSFIRE AUTOGEN - JavaSQLはJavaに特化した高度なソースコード自動生成機能を搭載することにより、Java開発プロジェクトの省力化を目的に開発されました。上級エンジニアはプログラミング工数を削減でき、Javaに不慣れなDB技術者でも充分にJavaプロジェクトに参加できるようになるなど、現状のリソースを有効活用し開発全体の効率化を実現いたします。


製品詳細

□ ラインナップ
 ・ JavaSQL パーソナル版(無料)
   - 基本機能を全て完備、複数マスタなどへの対応が一部不可
 ・ JavaSQL プロフェッショナル版(50,000円~)
   - パーソナル版に加えて、本格的な業務システムの開発に耐える
    自動調整機能など全機能を装備

□ 動作環境
 ・ 対応オペレーティングシステム
   - Microsoft Windows, 各社Linux, および各社Unix
 ・ 動作に必要な環境
   - J2SE 1.4以降、及び Eclipse 3.1以降

□ 製品詳細(Movieデモもご覧いただけます)
   (リンク »)


販売価格(税別)

□ パーソナル版 - 無償提供
□ プロフェッショナル版 - 50,000円より


<本リリースに関するお問い合わせ>

 H3パートナーズ有限会社 商品企画担当
  〒143-0023 東京都大田区山王2-1-2 Oomori Station Box 6F
  TEL: 03-5743-9414  FAX: 020-4668-1033
  E-mail: info@h3partners.com
  Webサイト: (リンク »)
  製品説明: (リンク »)
  ダウンロード: (リンク »)
  お問合せ: (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

H3パートナーズ有限会社の関連情報

H3パートナーズ有限会社

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • 【3/31まで早期割引受付中!】「IBM Watson Summit 2017」開催

    日本IBMが主催する最大の国内総合イベント。テクノロジー・リーダーの疑問を紐解く「企業IT、セキュリティー、モバイル、データ解析などの進化を探る」詳細はこちらから!

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!